Jody Jazz マウスピーススタンド

  • 2010.12.28 Tuesday
  • 21:13
ジョディージャズ製 マウスピーススタンド。

マウスピースの次にこいつをget!
見れば解る通りMPを6本立てて置けます。

マウスピーススタンド結構探すも無い、試験管立てとかって手も有ったがいまいちカッコ良くない。
JJのHPを覗いていたら粋な感じのコイツを発見。

自宅用と2ヶ購入、1個$59.95=約4800円位。
一枚の木を台座の形にくり抜いています。
デザイン共々中々質感高いです。
 

超初心者向けDVDめっけ!

  • 2010.01.12 Tuesday
  • 13:49
やはり一人でしこしこやってると不安なものです。

そこでお奨め・・・・・・

田中靖人先生監修
サクソフォーンマスター
3980円

今まで紹介してきた先生方も巧いですが、この田中先生も巧い!まじめそうな顔してやってます。
あと音が綺麗・・・・・クラシック畑らしいけどJAZZやPOPSにもチャレンジなさっています・・・相対的に割合は少ないけど。
通常の教則本などに比べるとちょっとお値段高めですが・・・・・
内容を考えると納得できます。

サックスのSETUPの仕方からMPやリードの詳細な付け方、果ては清掃の仕方や置き方まで・・・・ゆりかごから墓場までまさにそんな感じの内容の104分モノです。
MPの中にスワブを通してはいけないとは知りませんでした!
前半はそういった基本と基礎、後半はかなり難解なフィガリング主体で支払った価値以上に満足感はあると思います。
やっぱり映像だと写真などより10倍理解が深まります・・・・買って良かった。

俺みたいに周りにサックス教室も同士も居ないような孤独なサックス吹きにはとても心強い。

わかってる人からしたら馬鹿にしてるくらい懇切丁寧に感じるかもしれません、しかし目の前で他人がリード付けているのすら見たこと無い俺にとっては感動すらしました。手探りで自分がたどって来たやり方も再確認できるから.......

MPのくわえ方も骨格や歯並びによって千差万別だから基本以外決まりきった約束事は無い自分あった形を探そう・・・・なんて、いい表現使うね。本なんかだとガチガチに形決まってそうな表現書いてあるモンね。
タンギングも構え方も網羅しているし、練習の項目もなかなか内容濃くて、複雑なスケールの上昇下降をゆったりテンポ60から追いつけそうも無いテンポ120までやってみてたり、初心者には十分すぎる内容だと思いますよ。

あと一番感激したと言うのかなんていうか・・・長時間練習しているとMPとリードの間に唾液が溜まってリードが張り付いてしまい音が出にくくなりますよね・・・自分的には下手で唾液出過ぎんだとか思っていかに唾液を少なく吹くかを考えておりました・・・しかし田中先生はにべまなくその際は唾液を吸い取っちゃいましょう!って・・・そのものズバリ簡単にのたまう・・・、定番のやり方だったんだぁ!
その方法は既に自分で編み出してました・・・しかも人に気づかれないようやらなければと・・・・・これから堂々としていいんだと思ったらホッとしましたね・・・・いやマジで・・・・結構悩んでたんで・・・・

興味ある方はどうぞ。

手に入れたサックス関連書籍

  • 2010.01.10 Sunday
  • 21:03
サックスは手に入れた.......音も一応出た。
ドレミファも吹けた。

stepanhauserを手に入れてからの毎日
打ち合わせが終わりお客さんやstaffが帰る夜9時過ぎ地下にいそいそ降り。
サックス練習の時間、12月28日の夜からの基本生活の一部になっています。
現在までこのstyleが俺の日常になりつつある。
本当にサックスは楽しい、道は険しすぎるけれど......
もっと早くから始めていればよかった。
しかも毎日サックス関連のHPばかり徘徊していると耳年増な小学生のようになってきちゃう....MP換えたらもっと早くうまくなるんじゃないかとか。
もう新しいサックスも欲しいかななんてstephanが聞いたら怒りそうな浮気ごごろもムクムクしてくるし.......セルマー...カイルベス....yanagisawa,etc.....

持っていたdemensionのliveアルバム聞き返したら超高音サックス....何だあの音は?
サックスは2OCTしかでないはずだろ??ググってみる....これはフラジオ?っていうのかとか。

もといタイトル通り話を進めましょう!

Amazonで評価の高い教則本をまず手に入れた。

松風 紘一先生監修(ってよく存じ上げていませんが.....)
アルトサックス上達のコツ CD付き
定価2000円

アンブシュアの意味すら存在すら言葉すら知らない俺に光明を与えてくれました。thanks!先生!!でも意味わからん
あとタンキングって奴も、こいつはものすごくにっくき厄介者だ!

しかし先生!一つお忘れじゃありませんか?リードとマウスピースの関係ですよ.....
ここで俺から皆さんに替わってお教えしよう。

リードは平面をマウスピース本体に密着させ取り付けたら、リガチャー(留め金ね)で軽く閉める。
今度はマウスピースの上側から見て髪の毛一本分はみ出るかはみ出ないか位.....
MPの先端から微かにリード先端が目視できる位のレベルに調整しましょうって書いて欲しかったですね。(もし間違っていたらどなたか教えてください...まだ自信なし)

まだ現在までサックス初めてやっとこ12日経っただけのヤローですが、この位置は微妙でとても大切に思います。
なぜならタンキングするときリード先端が1mm出ていると全くうまくできませんでした。
舌先で行うには1mmでは出過ぎでタンキングがしずらいです。
測っていませんが感覚的に0.1mm前後くらい...の..感覚...が、やっと制御しやすくなると思われる距離でした、すごく微妙です先端位置。
すみません!ナマ言って!だってそう思ったんだもん!


で、松風先生に習って本の通り進めていっても途中つまんなくなるんで、逃げが必要です
特に俺に場合は。
余興的にまたAmazonで評価の高い1冊をまた注文......まだ何もできないくせに。

緑川英徳先生監修(この方もよく存じません....名のあるお方なのでしょうか?)
はじめてのジャズアルト・サックス CD2枚付き

今一番目のムーンライトセレナーデ練習中、運指とか難しいけどお馴染みの選曲ばかりでやる気にさせられます。
テーマを吹きたい願望のみで前に進めさせられちゃいます。
基本ができていないのにという意見もあるでしょうが、大目に見てやってください。
何事も欲望が人を進化させるんです絶対!


最近寝ても覚めてもサックスの事ばかり考えている今日この頃....
高校生の頃は一文字違いのことばかり妄想していた時期に非常によく似ています。

サックス妄想中ですから近所の文教堂で背表紙越しのtitleだけでいってしまいました。

川原塚 ユウジ先生監修
(ギタリストは大抵名前はわかりますがサックスプレイヤーはよくわかりません、どうして名前だけカタカナなんでしょうかそのうち機会があれば理由を聴取してみたいものです。)

サックスプレイヤーのためのジャズ・フュージョン・テクニック  CD1枚付き

何気に手に取った本ですが緑川先生をさらに発展させた内容でもう少しアドリブに重点を置いた内容でアンブシュアやタンキングもより掘り下げられた内容、ベンドやフラジオ、ブルーススケールとか内容はてんこもり。

私的に最初に買うお薦めの一冊は.........やはり松風先生の1冊ですね。
内容量といい読みやすさでは一歩先を言っていると思います。


以上ここ13日間駆け足で買い漁ってきた書籍類のコレクションをご覧いただきました。
これらで得たもので共通して言えることはロングトーンとアンブシュアにタンキング。
この3点は本当に一番に身に付けなくてはいけない基礎中の基礎ということがわかってきました、しかもその根底にあるベースとなるものは紛れもなく呼吸法ー腹式呼吸にありことがわかります。

うんちくはここで終了してそろそろロングトーンを始めます。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM